製品情報

  1. ホーム
  2. 製品情報
  3. ツーリング用測定器
  4. 3Dテスタ

3Dテスタ

TSCHORN 3Dテスタ

TSCHORN

TSCHORN

製品特徴

3Dテスタは、通電式のタッチセンサ等が使用できない非導電性のワークにも使用が可能で、汎用性の高い位置決め装置です。
TSCHORN(ショーン)社の3Dテスタは、世界最小、洗練されたスリムなデザインで、ワークとの干渉リスクを低減し、優れたダイヤル視認性により、ゼロ点と長さの測定を迅速かつ正確に行うことができます。
座標を求める際に測定端子のボール半径の計算が不要で、1台で全ての軸方向(X・Y・Z)の測定が可能です。

スタイラス・及び内部の駆動部には、過度なオーバーランに備えた4段階の保護機能「3Dプロテクションシステム」を採用しており、操作ミスによる衝突の際にもダメージを最小限に抑えることができます。

ラインナップは「3Dテスタ」に加え、大きなダイヤルを装備し視認性の優れている「3Dテスタビプラス」の2種類です。

TSCHORN 3Dテスタ商品特徴

3Dテスタ商品特徴

洗練されたスリムなデザイン
従来品と比較し、ボディがスリムになっており、3Dテスタ背後のワーク視認性が向上し、ワークとの干渉リスクも大きく低減します!
非磁性素材のスタイラス
先端部はφ3mm超硬ボール、トリム部はステンレススチール製の為、帯磁による測定誤差の心配がありません!
3Dプロテクションシステム
測定時の過度なオーバーランによる保護機構、「3Dプロテクションシステム」を採用しています。このシステムは、4つの異なる保護機構を備えることにより、スタイラスからの過大な入力でダイヤルゲージ機構部がダメージを負うリスクを低減させることができます。(※この保護機構は、オーバーランによるスタイラス以外の部分の衝突には対応していません。)

3Dプロテクションシステムの4つの保護機構

TSCHORN 3Dテスタ ラインナップ

3Dテスタ ラインナップ

3Dテスタ
スリムなボディの標準タイプです。
ワークへの干渉リスク低減や、3Dテスタ背後のワーク視認性を確保しながら、出来る限り大きなダイヤルを採用し、高い作業性を確保しています。
小型の機械での使用にも最適です。
3Dテスタビプラス
大型ダイヤルを採用することで視認性を向上しながら、本体のサイズアップを最小限に抑えたモデルです。
操作部と検出部で距離のある大型機やスペースに余裕のある工作機械での使用に最適です。
TSCHORN社について

TSCHORN(ショーン)社は、20年以上に渡り、測定機器の研究開発を続けているドイツのメーカーです。「Made in Germany」にこだわり、部品製造から組み立てまで、ドイツ国内で一貫生産を行っています。