クロック

  1. ホーム
  2. クロック
  3. ウルゴス
  4. ブランドストーリー

ブランドストーリー

URGOSホールクロック、悠久のときを語り続ける華麗な調度品 「ウルゴス」

ブランドストーリー

ドイツの芸術品

南ドイツのシュワルツ・ワルト(ブラック・フォレスト「黒い森」を意味する)地方は、ドイツクロックの発祥の地で、広大な丘陵地帯を埋め尽くす樅の木が濃い緑の大森林を形成し、まるで黒々とした大波のように見えることからこの名称がつきました。
この美しい小都市と町、村が続くシュワルツ・ワルト地方の中のシュベニンゲンという小さな町にウルゴスは生まれました。以来、2世紀以上にわたり、この森の恵みから得た良質の木材と、古来よりドイツクロックの伝統技術を受け継いだその手作りの味わいは、芸術品ともいえる数々の置・掛時計の名品を世界に送り出し、気品に満ちた重厚なぬくもりは華麗なドイツの芸術調度品といえます。

「ウルゴス」ブランド

飽きの来ない重厚なケースと堅牢なクロック機械との融合で、日本家屋に合う昔からのデザインを踏襲し、百年以上の永きに渡り時を刻むことが可能な置き時計として国内でも、信頼を得ております。

URGOS(ウルゴス)名前の由来

「URGOS」のブランド名は、ドイツ語の3つの単語から文字を集めて造った造語です。

ウーレン(UHREN)
時計
ゴング(GONG)
時打ち
シュベニンゲン(SCHWENNINGEN)
ドイツの地名