ニュース

  1. ホーム
  2. ニュース
  3. L'Epeeより、Happy Swiss National Day!

L'Epeeより、Happy Swiss National Day!

8月1日 ~ハッピー スイスナショナルデー(祝! スイス建国記念日)~

 

L'Eppeが、この日を祝うのには、2つの理由があります。

今日はスイスの建国記念日であるだけでなく、175年前にL'Eppeの工場が設立された記念日です。

8月1日は、スイスだけでなくL'Epéeにとっても非常に特別な日です。 1839年8月1日に Auguste L'Epée によって、工場が設立されました。

L'Epéeの機械的な芸術への情熱や価値観はどのように培われたのかをご理解いただくために、私たちの歴史をご紹介いたします。

 

製造の初期、私たちの製造はミュージックボックス(オルゴール)に特化していましたが、その後、製造工場を多様化し構築するために、Auguste L'Epéeは時計製作業界のためのエスケープメント(画像はそのうちの1つです。)を製造することを決めました。

それは素晴らしい投資であり、製造部門の意識を増加させました。事実、その当時、高級時計のためのエスケープメントを入手するのに最適な工場でした。

エスケープメントの製造やこの製造部門の多様化により、1878年パリ、1892年ヴィエンヌ、1902年にハノイなど、国際的な展覧会にて数多くの名誉ある賞を受賞しました。

20世紀の終わりからL'Eppeは、多くの人に評価されているクロックのコレクションを提供しています。英国のロイヤルファミリーやローマ教皇、フランス元大統領のミッテラン氏とシラク氏や、米国元大統領のレーガン氏など、多くの著名人が彼らの机の上にL'Epeeのキャリッジクロックを飾って楽しんでいます。

1976年、L'Epeeはコンコルドの有名な歴史にその名を刻みました。 事実、L'Epeeの時計は、この超音速飛行で世界中に飛んでいました。

その後、1994年に、最大級の構成作品として巨大なレギュレータの研究、開発、アセンブリの数ヵ月続けた後に、最大クロックはパリのルーヴル美術館で一般展示されています。総重量は920キロあり、120キロのムーブメントを内蔵しています!

今日、L'Epee1839は、スイス·ジュラを拠点としたSwizaメーカーのブランドです。
スイスのドレモンに移転した後、L'Epeeは、小さな革命をし続けてきました。

最高経営責任者(CEO)Arnaud Nicolasは、2009年以降ブランドの起源を否定することなく、成功裏に非常にモダンなスタイルにキャリッジクロックの伝統的なコレクションを変革してきました。

L'Epeeのここ数年の仕事を要約すると、様々な時計のアーティストやパートナーシップをもつすべてのサポートにより、私たちは皆さまにご満足いただける奇想天外な素晴らしいクロックコレクションをご紹介することができました。

バーゼルワールドでは、175周年を祝う「Starfleet Machine」をはじめとする傑作を発表することができました。

2014年8月1日というこの特別な日を祝うと共に、L'Eppe1839チームのすべての方々に感謝申し上げ、ますますの成功を祈念いたします。

L'Epee1839チーム