ニュース

  1. ホーム
  2. ニュース
  3. クエルボ・イ・ソブリノス 2019 新製品 「Historiador 1519」

クエルボ・イ・ソブリノス 2019 新製品 「Historiador 1519」

クエルボ・イ・ソブリノス

断固として古典的で疑いようもなくラテンなハバナ

1492年のクリストファー コロンブスよるキューバの発見は、1519年のDiego Velasquez de CuellarによるHavanaの正式な設立のプレリュード(前奏曲)であった。 もとはHabanaと呼ばれており、本年はハバナ市政500周年を迎える記念すべき年。

500周年を記念してコンサート、パフォーマンス、文化イベントなどのスタイルで開催される予定である。 Cuervo y Sobrinosは、この活気ある文化シーンにおいても正当な立場にある。

Cuervo y Sobrinosは1882年に設立され、ハバナに深いルーツを持つ。 Cuervoファミリーは、スイスの時計を輸入することから始め、その後自分たちのスイス製のコレクションを開発した。このコレクションは、無くてはならないスタイリッシュな時計だった。ヘミングウェイ、チャーチル、パブロ・ネルダ、アインシュタイン、カルーソなどの20世紀の有名人達がCuervos y Sobrino Havana bouticeを訪れた。

ヘミングウェイは20年間ハバナに住み、1953年にピュリッツァー賞を受賞した「誰が為に鐘は鳴る」や1953年にピュリッツァー賞を受賞した「老人と海」を含む彼の最大の著作を書いた。

 

ハバナの今

今日、ハバナは「カリブ海のローマ」といわれることもあり、世界で最も魅力的な都市のひとつであり続けている。 その歴史、美しさ、古典主義、魅力はいやが応でもラテンである。 ハバナの壁には物語がしみこみ、街路には十分な教育を受けた人々、熱狂的な人々で活気に満ち溢れている。

しかし、Havanaは過去のことだけではない。 国際的に認められたアーティストやデザイナーが集まった豊かな文化シーンがある。 ハバナはバレエに関して、国際的に評価されている振付師でありバレエ・ダンサーであるカルロス・アコスタがいる。 彼は、ハバナを典型的なある種の古典主義、正確さ、創造性およびエキゾチズムでひとつにまとめている。これらはまた、Cuervoが採用している価値であり、ラテンの才能を取り混ぜたスイスの精密さである。

 

歴史的機会、タイムレスなエレガンス

この偉大な市政500周年を祝うために、Cuervo y Sobrinosは、その古典的なHistoriadorラインに象徴的意味が豊富なリミテッドエディションの「Historiador 1519」を立ち上げた。 それは、着用者が、新世界と旧世界が一緒になることを象徴する2つの異なる時間帯の時刻を見ることが可能になっているGMTダイヤルを誇る。 ハバナの旗で見つけることができる「鍵」がまさにを特徴的に採用され、GMTの針として機能している。 これはまた、15世紀に新世界を解き放した征服者を示唆している。 時計の背面にはハバナの旗を構成する3つの城(フエルザ城、モロ城、プンタ城)がシンボルとして描かれ江いる。 この都市の歴史的な防衛は、振動するおもり(ローター)にプリントされた特殊な色彩によって賞賛される。

Historiador 1519ステンレススティールは、青色ダイヤル(Havanaの旗の青色にインスパイアされた)と、このブランドに典型的な暖かいラテンなシャンパンクリームダイヤルで展開。 ステンレスバージョンは500本限定である。

市政500周年を祝うため、スイスジュラ山脈に本社を置くブランドは、古典的なシルバーダイヤルの18カラットゴールドの20本の限定版を提案している。 文字板の中央には、エレガントなアールデコで特徴的なGMTがある。 これは、1950年代の高級市場のCuervosにも見られ、精通者であるコレクターに引っ張りだこのデザインスタイルである。

ステンレスバージョンの予定価格は470,000円(税抜)、ハバナ市政500周年を記念した新製品は今秋発売予定!