ニュース

  1. ホーム
  2. ニュース
  3. L'Epée1839 ~「ヴァニタス」 フィオナクルーガーとコラボレートしたスカル型 掛時計~

L'Epée1839 ~「ヴァニタス」 フィオナクルーガーとコラボレートしたスカル型 掛時計~

頭蓋骨は、生命、死、人間の経験の究極の象徴です。それは、彫刻歴史学と美術史の両方において重要な役割を演じているからです。 フィオナ・クルーガーの芸術的な高級時計とL'Epéeのノウハウへのアプローチを通して、スカルは21世紀の機械的なヴァニタスの絵画に再解釈されました。 

クイックヒストリーレッスン:ヴァニタスは人生の過渡期を観る者に思い起こさせるためのさまざまな象徴的なオブジェクトを含む静物画です。 これは1600年代の重要かつ人気のある絵画のジャンルで、頭蓋骨や消灯したろうそくのようなシンボルが含まれています。 

ヴァニタス(Vanitas)L'Epée1839によって設計され、細工されています。このカリスマ的な頭蓋骨はあなたの人生を祝うことを思い出させます。 時間と分は時計の針で表示され、パワーリザーブインジケータは頭蓋骨の口に組み込まれています。 ヴァニタスが力を失うと、それが衰えていることを示す、まるで疲れてあくびをするかのごとく口を開け始めます。 35日間のパワーリザーブがありますが、この毎月の儀式は、あなたが持っている時間を止めたり蓄える瞬間を与えます。

Vanitasはモデルごとに50個までに制限されており、現在は暗い場所やカラフルなエディションで利用できます。

彼女の国際的な教育と組み合わされたフィオナの美術とデザインの訓練は、この機械的シンボルのデザインで明らかです。 メキシコシティで彼女の子供時代の一部を過ごした彼女の鮮やかな思い出Dia de los Muertos(死者の日)フェスティバルは彼女自身の頭蓋骨コレクションとL'Epéeとのこの最新のコラボレーションに影響を与えました。 この機械的なヴァニタスは、象徴主義だけでなくユーモアも豊かです。 クロックのブリッジは複雑で細かく、最終的にこの華やかな頭蓋骨を形成する模様になるように設計されています。

世界の外に出ているディスプレイ
すべての既知の現代的なウォールクロックの隣に、Vanitasは空白のキャンバスに大胆な筆のように浮かび上がっています。 この新しい共同創作は、正面のエスケープメント、機械の頭蓋骨の顔を彫刻するように設計された "瞳孔"としての2つのバレルアーバーを特徴としています。 ヴァニタスは、鼻の中央に取り付けられた2つの針によって時間を示します。 これらの手で磨かれた針は時間と分を示し、まるでかくれんぼを楽しむように、頭蓋骨の目を隠したり露わにしたりします。 

創造性はL'Epée1839Fiona Krüger Timepiecesの両方の本質です。 これは、L'Epéeがこの現代のヴァニタスをユーモラスな方向性で創造するという挑戦を受け入れたことで明らかです。 新しい「あくび(口を開ける)」のパワーリザーブインジケータは、時計のムーブメントの全く新しい開発と再構築を必要としました。 これは、コラボレーションの中核となるファンタジーと目的の結婚です。

生命、時間、死を免れないことの観念は同義語であり、今までに以上に今日の機械時計の製作にも関連しています。パワーリザーブの枯渇時にスカルの口が開くユニークなデザイン、巻き上げることでクロックに生命を与える能力が加わります。ファンタジー、創造性、目的が人々の夢を作るデザインを創るという全て同じ基準で具体化して時計製造の歴史を反映しています。 

あなたの心の中に時計を描くとき、誰もが同じような考えを持っています - 丸型で、12時間で、2本の針。 ヴァニタスは型にはまった従来のことをものともしません。- 時計はそれ自体が頭蓋骨で機械的な目、動く口、スカルの形をしたフレームの中にムーブメントが納められた特徴的なケースの形状。多層ブリッジのそれぞれには、この彫刻的な頭蓋骨に深みをもたらす、特別に選択された仕上げと装飾が施されています。この革新的なデザインは、慣習に反して、ファイン・アートと高級時計製作の世界を結びつけるものです。

ヴァニタスは、その作品が壁に掛けられているときがベストにみえます。内側に軽く響き渡るムーブメントのチクタクという音とともに暗い部屋に入るのを想像してみてください。あなたが頭蓋骨の機械的な目を見る前に蓋骨の特徴的な輪郭に焦点があいます。ライトを点けたら、そしてあなたが思い切って近くへ歩みよるとーもしあなたがそうするなら、あなたは約400のパーツからなるタイムピース、L'Epéeのムーブメントの複雑さを評価するチャンスを得るでしょう。

「ヴァニタス」の動画はこちら。

ヴァニタス