ニュース

  1. ホーム
  2. ニュース
  3. LOUIS MOINET ギネス世界記録 「初のクロノグラフ」

LOUIS MOINET ギネス世界記録 「初のクロノグラフ」

ルイ・モネは、6ヶ月間の最善の手順と徹底的な調査を経て、ギネス世界記録団体の公式賞を受賞した「ファースト・クロノグラフ」のタイトルを正式に取得したことを誇りに思います。
ギネス世界記録賞を受賞した世界的な権威は、時計製造の世界ですでに広く認められている事実をさらに認識しています。クロノグラフは、1816年にルイ・モネ氏が「Compteur de Tierces」で初めて考案したものです。
「私たちは、特別な年にこの新しい名誉を授与されたことにとても喜んでいます。クロノグラフ(1816-2016)の創作200周年を祝っています」とアトリエ・ルイ・モネのジャン・マリー・シャラー最高経営責任者(CEO) 。 「ルイ・モネが1816年に発明したクロノグラフの父親であるという事実は、論争の余地がなく、洗練された腕時計を愛する者にはよく知られています。ギネス世界記録団体が現在授与しているタイトルは、物事を次のレベルに引き上げています。私たちの会社に対する一般の意識向上の道を切り開いて、国境を越えて世界的に認知され、洗練された時計愛好者の世界をはるかに超えています。 

6ヶ月の調査

授与されたばかりのギネス世界記録のタイトルは、組織が実施した詳細な6ヶ月の調査の結果であり、技術図の提供、歴史的証拠、多数の独立した専門家の証言書、多数の全体写真やビデオ素材。これらの文書はすべて、組織独自の独立した審査陪審団に提出されました。 Atelier Louis Moinetが提出したすべての情報の真正性を確認するために、タイトルを主張する資格を証明し、その使用に排他的な権利を与えるために、広範な議論が必要でした。
「私たちが提出した実質的な証拠は、もちろんすきのないものであった。ルイ・モネ氏のCompteur de Tiercesはすでに2014年に専門家と歴史家の一団によって歴史上初めてのクロノグラフとして認められていました。」とJean-Marie Schallerは説明します。しかし、ギネス世界記録団体は、大衆のためにさらに配慮されており、その結果、基準を満たすために提出物全体を別の視点から見直さなければなりませんでした。
アトリエはちょうどヌーシャテル天文台のクロノグラフの創作200周年を祝ったばかりです。 Memorisは、この発明を称えるために製作された時計で、すでに多くの腕時計の愛好家達の中でその場所を発見しています。
この非常に特別な年の間に3つの厳密な限定版が作成されています。 第1番目は1月にジュネーブで、第2番目はバーゼルワールドで発表されました。第3番目のMemoris Red Eclipseはニューシャテル天文台で発表され、最新のジュネーブ時計製造グランプリに選ばれました。
「私たちのアトリエの使命は、ルイ・モネ(1768-1853)とウォッチメイキングへの彼の本質的な貢献を認識し、彼を偉大な時計メーカーのパンテオンに戻すことに常に密接に結びついています。このギネス世界記録のタイトルは、その方向への決定的な新しいステップです」とJean-Marie Schallerは結論づけています。