ウオッチ

  1. ホーム
  2. ウオッチ
  3. ペルレ
  4. ブランドストーリー

ブランドストーリー

17~18世紀のル・ロックル

スイス、ニューシャテル(ノイエンブルク)地方ジュラ山脈の標高1000メートルを超える人里離れた高原を想像してみてください。当時の交通手段は徒歩又は馬車に限られていました。気候は荒く、特に冬は寒さが一段と厳しくなります。

熊や狼、猪の狩猟を生活の糧とした過酷な生活です。このような環境では人々のふれあいは格別の意味を思っており、隣人に対する助け合いや寛大な行為はこの地方の住民の基盤となっていました。
当時ル・ロックルは、プロシャ国王に帰属するニューシャテル広告の一村で、先ずフリードリッヒ1世、その後はヴィルヘルム2世の支配下に置かれていました。

17~18世紀における時計技術

17世紀における時計技術は、フランスやドイツ、イギリスが確固たる優勢力をもっていましたが、18世紀初頭においてスイスで目覚しい発展をとげ、ジュネーブに続いて1700年頃にはニューシャテル地方のジュラ山脈一帯でも時計技術が盛んになっています。
金細工師ダニエル・ジャン・リシャール(1665-1741)は、スイス時計技術の先駆者と言われています。当時はまだ新しい職種であった時計技術を1705年頃からまずラ・サーニュ地方に、その後ル・ロックル地方に広めました。
時計製造業はこの地域で速やかに根付き、やがて確固たるものへと進展し、山岳地域の住民や農民にとって時計製造の仕事は彼らによりよい生活への希望をもたらしました。

天才時計師の物語

天才時計師の物語

アブラハム・ルイ・ペルレがル・ロックルに生まれたのは、時計製造が始まってからわずか30年ほどが経過した1729年1月9日のことでした。父ダニエル・ペルレは農業と大工業を営む一方、ニューシャテル地方ジュラ山脈の長い冬の間の副業として時計技師達の為の非常に繊細な工具も作り、幼い息子アブラハム・ルイは、当時の貧しい環境に育った子供達と同様、畑や仕事場で両親の仕事を助ける役割を担っていました。

ペルレは少年期を迎えると、ニューシャテル地方ジュラ山脈における時計製造業が次第に重要な意味をもつことを予測します。20才になるとそれまでの仕事を離れ、時計製造という当時まだ珍しくそれだけに魅力ある分野に専念する道を選んだのです。
彼が克服すべき最初の障壁は、時計製作の為の適切な工具がないことでした。 その解決のため、ペルレは、専用ピンセットやヤスリ等の新しい工具の数々を開発しています。時計の駆動を大幅に改善する新たな機構をも考案し、実現していきました。シリンダー脱進機やカレンダー連動の時差修正機能をもつ時計は、ル・ロックルではペルレが初めて成し遂げたのです。その若さにもかかわらず、彼の名声は確固たるものとなり、他の多くの時計師達が助言を求めるようになりました。
時計独特の困難な問題に苦悩する同僚からの質問に対して、ペルレは常に新しい答えを出すことができたのです。仲間の時計を一瞥するだけでその欠陥を発見し、改良に向けて協力しました。
ペルレは生涯、家族に囲まれた生活を送り、故郷への愛着心を持ち続けました。ほぼ80年間時計製造技術に身を捧げたペルレは1826年、生まれ故郷のル・ロックルでのその生涯を閉じます。

ジ・インベンター "アブラハム・ルイ・ペルレ"

"アブラハム・ルイ・ペルレ"は数年間(1760年頃)、信頼性が堅牢な自動巻き時計の開発に専念しました。彼の頭の中には勿論、自動巻パーペチャルモーションの夢が潜んではいましたが、時計の現実的側面に重点を置いたのでした。彼が最も重視したのは、専用キーを必要とする厄介な懐中時計のゼンマイ巻き作業に変わる新しい機能でした。

1770年頃、アブラハム・ルイ・ペルレは、"ジャーキングムーブメント"と呼ばれたすでに初期の自動巻ムーブメントに使用されていた"ハンマー"の作動時に生ずる抵抗や打動がゼンマイ装置に与える影響を数年後に解決しています。こうして、今日一般的に"ローター"の名称で知られる、ゼンマイ装置の中央軸に固定した振動体が実現したのです。驚くべきことに、この偉大な発明は2世紀以上を経た今日も自動巻時計唯一の駆動原理として用いられています。

時計師の巨匠、 アブラハム・ルイ・ペルレ

アブラハム・ルイ・ペルレは、ニューシャテル地方ジュラ山脈一帯における時計師の巨匠として長年にわたり名声を博しました。抜群に器用でしかも落ち着いた手先の動きは終生衰えることなく、生涯を終えるまで製作を続けたのでした。ちなみに、アブラハム・ルイ・ペルレが96才の時に製作した最後の時計は、ラ・ショウドフォンの国際時計博物館(MIH)で見ることができます。
アブラハム・ルイ・ペルレの下には多くの弟子が集まりました。 後に"スイスにおける時刻測定の父"と呼ばれるジャックフレデリック・ウリエは、ペルレが自慢した弟子の一人で、パリのジュリアン・ルロイに行く前の2年間、彼の元で修行しました。ペルレはまた、アブライム・ルイ・ブレゲやルイ・ベルトゥとも交友を深め時計に関する新しいアイデアを交換していました。もっとも優秀な弟子は何と言っても、彼の孫ルイフレデリック・ペルレです。

フランス王室御用達の時計師、ルイフレデリック・ペルレ

フランス王室御用達の時計師、ルイフレデリック・ペルレ

アブラハム・ルイ・ペルレの時計技巧は、1781年5月14日ル・ロックルに生まれた孫のルイフレデリック・ペルレに忠実に継承されました。 彼はすでに幼少期から、機械装置や数学に大きな興味を示しています。祖父の下で有能な弟子へと成長を遂げたルイフレデリックは、修行の最終課程としてパリへ赴きます。そこで有名な時計技師アブライム・ルイ・ブレゲのアトリエに採用され、複雑な時計製作を習得したのでした。
1815年には振子式天文時計を発明し、自立の道へと進みます。この天文時計は、1823年に開催されたフランス国際博で大成功を収めました。銀メダルが授与されたこの時計は、フランス国王ルイ18世が所有することとなります。
この頃から彼のサクセスストーリーが始まります。王室御用達時計師として、ルイ18世、シャルル10世、ルイフィリップの歴代3国王に仕えています。
彼の発明は主に航海時計や測定機として使われました。1827年にはスプリットセコンドクロノグラフの特許を取得します。1834年の博覧会のために製作した時計により、彼の名声は一段と高まりました。彼の技能と功績を讃えレジオンドヌール勲章が授与されます。
ルイフレデリックは後継者の育成にも尽力を惜しみませんでした。
後継世代のために時計技術に関する論文出版を計画しますが、健康上の理由から断念を余儀なくされ、1854年に逝去します。
博物館の展示品や個人の収集品の中でペルレの署名が記されている時計は、その大半がルイフレデリックが製作したものです。これらの時計芸術作品は、当時の包括的な知識の証人として今日もなお深い感動を喚起します。

歴史的遺産の現代的解釈

今日発売されているペルレ時計には全て自動巻きムーブメントが搭載されています。ペルレブランドはアブラハム・ルイ・ペルレの偉大な発明を進展させています。
この後、ペルレ時計のローターは根本的な変革をとげます。
ローターの一部がクリスタルガラス製となり、"ペルレ・タペストリー"が装飾された壮観なムーブメントを鑑賞することができるようになったのです。
ペルレの歴史と伝統を現代風にアレンジした時計は、かつての偉大な時計作りの巨匠への美的な賛辞と言えましょう。